〜はじめに〜仮想通貨の誕生

仮想通貨初心者

 

 

まず、はじめに、仮想通貨に投資する前に、

 

仮想通貨についての基礎的な知識をつけましょう。

 

 

最低限の知識があれば、

 

仮想通貨詐欺に騙されずに済みます。

 

 

また、投資事で儲けるためには、

 

知識が最も重要です。

 

 

ビットコインの誕生

 

仮想通貨のはじまりは、ビットコインの誕生からはじまりました。

 

 

ビットコインはサトシ・ナカモト氏という人物が生み出したとされています。

 

 

ビットコインの画期的なシステムはP2Pシステム(ピアツーピアシステム)です。

 

 

今まではパソコンからサーバーに接続しやり取りをしていました。

 

 

しかし、ビットコインのP2Pシステムは、

 

 

ユーザー間で直接やり取りできる仕組みです。

 

 

図に表すとわかりやすいかもしれません。

 

 

【P2Pシステムの概要図】

 

仮想通貨初心者

 

 

銀行のシステムも同じで、今まではクライアントサーバー方式でしたから、

 

いったん膨大なデータを処理できるクライアントサーバーにデータを移動させ、

 

通貨の処理を行っていました。

 

 

これは、膨大なデータの量を裁くことになりますから、

 

サーバーの維持費や電力など、まさに大金が必要となります。

 

 

そしてこういった大金は私たちの手数料としてはね返ってきます。

 

 

 

しかし、ビットコインの誕生により、ユーザー間同士でやり取りが可能になるため、

 

銀行そのものがいらないぐらい通貨のやり取りがかんたんなおかつ安価な手数料で実現できることになりました。

 

 

ブロックチェーンでセキュリティが守られている

 

ビットコインのもう一つの特徴として、

 

ブロックチェーンが画期的です。

 

 

今まで電子通貨というのは、セキュリティが守られないため

 

電子通貨で少額決済ができないでいました。

 

手数料の高い銀行やクレジットカードに頼るしか方法がありませんでした。

 

 

しかし、ビットコインはすべての取り引きを「台帳」に記帳します。

 

 

そうすることで、その決済が唯一無二であることを証明できるため、

 

手数料の高い銀行やクレジットカードを介さずにわずかな手数料で少額決済が可能になったのです。

 

 

 

ビットコインのやり取りが台帳に記帳されると

 

「ブロック」が生成されます。そしてブロックができあがったら

 

また新規でブロックができて、ブロック同士をチェーンで結びます。

 

 

これがブロックチェーンと呼ばれるものです。

 

 

ブロックチェーンは一本のチェーンで結ばれ、ハッカーなどが不正しようとしても、

 

どんどんブロックは作られますから、

 

ハッカーの不正な計算が間に合わないようにシステム構築されています。

 

 

これが、ビットコインのセキュリティを堅牢にしている大きな理由です。

2018年はさらに仮想通貨で稼げる!?

2017年は仮想通貨元年と言われました。

 

 

ビットコインは一時期1BTC=2,400,000円まで高騰し、

 

他の仮想通貨も大きく値を上げています。

 

 

 

ウォール街の専門家では、専門家にもよりますが、

 

1ビットコイン500万までは値を上げるのではないか、と予測しています。

 

 

2017年1月は1BTC10万円ほどでしたから、

 

どれだけ値を上げたか、おわかりいただけるかと思います。

 

 

あまりに高騰し、世界中で仮想通貨が使われはじめたので、

 

ニュースで仮想通貨を知った方もいるかもしれませんね^^

 

 

そして、仮想通貨で儲かるのは、2017年は序章に過ぎません。

 

 

仮想通貨初心者

 

この図は金融市場の規模を表す図です。

 

実は仮想通貨でやり取りしている流通量というのは、

 

マイクロソフト社のビルゲイツの総資産より少ない額です。

 

 

これは、仮想通貨市場に投資しているのが、まだ個人投資家のみで、

 

世界の企業群はまだ様子見です。

 

 

アメリカの法律が追い付いていなかったりと仮想通貨が先に進んでしまい、

 

法律や企業が追い付いていけていないのです。

 

 

しかし、あの有名なゴールドマンサックス社も今後ビットコイン事業に積極的に参入すると

 

表明し、世界の銀行100行以上が仮想通貨のリップルと提携を結び、

 

2018年からリップルを一斉に使うだろう、と言われています。

 

 

これが何を意味するか?

 

 

というと、2017年までは仮想通貨の黎明期であり、

 

これから世界中が使い出すため、仮想通貨はもっともっと本格的に

 

値上がりするとみていい、ということです。

仮想通貨初心者が注意したいこと!

仮想通貨は稼げそう!

 

 

と思ってもただやみくもに投資しても

 

 

詐欺に遭う可能性が高いです。

 

 

というのも、2017年現在仮想通貨は約2000種類以上あり、

 

詐欺ではない仮想通貨はわずか10%ほどだと言われています。

 

 

ようは仮想通貨は誰でも作れてしまうため、

 

 

仮想通貨としてのしっかりした機能や役割りがなければ安易に手を出すと失敗します。

 

 

また、仮想通貨市場は儲かる市場であるため、

 

仮想通貨詐欺業者が急増しています。

 

 

特に国民生活センターによると、

 

2016年から仮想通貨の詐欺被害が急増しているとのことです。

 

 

これは投資初心者がまったく基礎知識もつけずに、

 

人からすすめられたり、セミナーで洗脳して詐欺通貨を購入してしまうケースが多いです。

国内大手取引所で購入が安心!

私ももちろん仮想通貨初心者から投資をはじめました。

 

 

まず、投資初心者が仮想通貨に投資をはじめようと思うなら、

 

 

・詐欺ではない仮想通貨に投資する

 

・少額から投資する

 

 

この二点を守ればまず、失敗しないと考えます。

 

 

ではどうやって詐欺ではない仮想通貨に投資するのか?

 

 

ですが、国内大手の取引所から購入することをおすすめします。

 

 

初心者が使いやすい大手取引所は

 

「コインチェック」といいます。

 

仮想通貨初心者

 

 

コインチェックは万が一のため、

 

盗難補償を100万円まで付けています。

 

 

つまり、詐欺通貨なんて扱ったら、

 

コインチェックという会社の存続にかかわるということです^^;

 

 

また、コインチェックで取り扱う仮想通貨は、

 

詐欺通貨ではないのはもちろんのこと、

 

高騰しやすい通貨を扱っていることで有名です。

 

 

少額の2,000円ほどからはじめられますから、

 

まずは余剰資金から無理なくはじめるといいですね。