仮想通貨の税金について

仮想通貨税金

 

仮想通貨の税金はどのように申告して、

 

どのぐらい税金を払うようになるんでしょうか?

 

 

そもそも、仮想通貨は2017年にやっと法律が施行されました。

 

 

しかも、仮想通貨業者に関する法律ですから、

 

法律が後から追いついてきている感じですね^^;

 

 

私の税理士さんに聞いたり、実際に税務署に問い合わせて得られた回答をもとに

 

仮想通貨の税金についてご紹介していきます。

一年に20万円以上の収入は確定申告が必要!

もしあなたが副業として仮想通貨投資を行ったとします。

 

 

年間で20万円以上の収入があれば、確定申告が義務になります。

 

 

国民は納税の義務がありますからね…

 

 

年間20万円以上の収入があるのに、確定申告しなければ、それは脱税になってしまいますので注意しましょう。

 

 

確定申告は毎年2月15日〜3月15日で、

 

最寄りの税務署で確定申告します。

 

 

仮想通貨の税金の計上方法も、

 

最寄りの税務署できちんと聞いたほうがいいでしょう。

 

 

国税庁のホームページを見ると、

 

確定申告書のフォーマットがあったり、最寄りの税務署の情報を知ることができます。

仮想通貨の税金は雑所得で計上

先日私の税理士さんと話し合いをしたんですが、

 

仮想通貨投資での利益もだいぶ出そうだったので、

 

仮想通貨の税金計上を聞いてみました。

 

 

仮想通貨投資での税金は、「雑所得」で計上します。

 

 

そしてざっくりですが、投資での税金はだいぶ高いので^^;

 

 

利益確定したうちの半分は税金と考えたほうがいいです。

 

 

例えば、あなたが仮想通貨投資で利益が年30万だったとします。

 

 

そうすると、確定申告が必要ですし、

 

利益が30万円であればそのうちの税金は15万円ということになります。

 

 

納税が翌年になりますので、利益をそのまま使ってしまうと、

 

後から税金を払うのが大変になってしまいます。

 

 

仮想通貨の税金は、利益の半分は支払いとなる、と覚えておくといいですね。