仮想通貨のブロックチェーンって何?

仮想通貨のブロックチェーンとは

 

仮想通貨のブロックチェーンって何でしょうか?

 

 

実はブロックチェーンこそが、

 

仮想通貨の画期的な仕組みとなっています。

 

 

今回はわかりやすいように

 

ビットコインのブロックチェーンを例にして

 

詳しく解説していきたいと思います。

ブロックチェーンで何が変わる?

今まで、インターネットという便利なシステムがあるのに、

 

金銭の決済だけはインターネットつまり電子決済を使えずにいました。

 

 

どうしてかというと、

 

 

電子決済のその取り引きが唯一無二である、という証明が

 

方法がなくできなかったのです。

 

 

そのため、ビジネスの一番大事な決済の部分については、

 

従来の不便なやり方である銀行を通しての方法しかありませんでした。

 

 

 

特に国際送金に関しては送金側と受け取る側の間に銀行を挟むため、

 

時間と膨大な手数料がかかっていました。

 

 

特に中東などの新興国では送金額にもよりますが、数十万という高額な送金手数料がかかることも

 

珍しくありません。

 

 

しかし、ビットコインをはじめとする仮想通貨が世に誕生することにより、

 

誰でも、世界中のどこにいても、国際送金を瞬時にそしてわずかな手数料でやり取りできることになりました。

 

 

それを可能にしたのが「ブロックチェーン」なのです。

 

仮想通貨のブロックチェーンとは

 

ブロックチェーンの仕組みにより、

 

その電子決済のやり取りが唯一無二の決済だということを

 

証明できるようになったのです。

仮想通貨ブロックチェーンの仕組み

電子決済で、例えば千円をアメリカのAさんに送金したことにします。

 

 

しかし、その送金や決済がきちんと証明できなければ不正はいつでもできてしまいます。

 

 

つまり、ハッカーなどにも改ざんできない仕組みを確立しなければ

 

それは混乱を招くことになりますね。

 

 

ブロックチェーンは電子決済の証明ができます。

 

 

仮想通貨のブロックチェーンとは

 

今回はビットコインのブロックチェーンで説明しようと思います。

 

 

ビットコインはやりとりをすると、ブロックを生成する仕組みです。

 

 

ビットコインのやり取りは全てのデータとしてこのブロックの中に記載されます。

 

 

このブロックはマイニングで承認された計算式だけ正式なデータとして

 

ブロックに記帳されます。

 

 

また、次のブロックを生成するには、前のブロックと次のブロックに整合性がないと

 

新しいブロックができません。

 

 

ブロックがたくさん作られるとチェーンのようにつながることになることから、

 

こういった仕組みをブロックチェーンといいます。

 

 

ブロックチェーンは一番長いものが正当と認識されるため、

 

ハッカーが不正しようにも、ブロックの生成が間に合わずに

 

改ざんされにくいシステムになっています。

 

 

この高度なブロックチェーンという技術のおかげで、

 

電子取引きの決済が唯一無二の取り引きだということを

 

証明でき、仮想通貨が金融革命だと言われる理由です。