仮想通貨のマイニングって何?

仮想通貨マイニング

 

よく聞く「仮想通貨のマイニング」。

 

 

ではマイニングって何でしょうか?

 

 

ここではわかりやすいように、

 

ビットコインのマイニングを例にしてご紹介していきます。

 

 

マイニングを理解すれば、仮想通貨のことがもっと深くわかるようになります♪

ビットコインを手に入れる方法は?

ビットコインを手に入れる方法は

 

二種類あります。

 

 

 

・取引所で購入する

 

・マイニングする

 

 

です。

 

 

まず、取引所で購入する、ですが、

 

コインチェックやビットフライヤーなどの取引所に

 

無料登録し、買いたい分のビットコインを指定すれば

 

誰でもすぐに購入できます。

 

 

さて、もう一つのマイニングで購入する、ですが、

 

ビットコインのセキュリティに貢献すると、マイニングといって

 

ご褒美の意味合いでビットコインを手に入れることができます。

マイニングの詳しい意味

では、マイニングって具体的にどんな意味なんでしょうか?

 

 

 

ビットコインというのは、中央権化しない、

 

誰も管理しない通貨です。

 

 

法定通貨(円やドル)のように、国や銀行が管理しない通貨なんですね。

 

 

管理する所があると、権限が管理している所に集中し、

 

公平ではなくなります。

 

 

この不公平さをなくすためにビットコインが誕生した大きな意味があります。

 

 

 

ただ、管理していない通貨ですと、セキュリティを保つためには

 

みんなの手助けが必要です。

 

 

ビットコインはセキュリティを保つために、通貨の取り引きをすべて台帳に記帳します。

 

 

 

そして、監視しているみんながその取り引き台帳をチェックすることで

 

 

取り引きが正当であると整合性が保たれています。

 

 

取り引き台帳をチェックするには、複雑な演算式を処理する必要がありますが、

 

これをマイニングといいます。

 

 

マイニングに成功すると、ビットコインの運営に協力してくれたご褒美として

 

ビットコインが報酬としてもらえるのです。

マイニングは個人ではすでに難しい…

ビットコインの利用者が世界中で増えてきたため、

 

取引き量が膨大な量になってきました。

 

 

それと連動して、マイニングの計算の難易度や、

 

消費する電力もばく大に増えてきました。

 

 

マイニングは基本的にパソコンの空いているPCのCPUを使って

 

計算します。

 

 

しかし、現在では計算の難易度が非常に高いため、

 

ハイスペックなパソコンと

 

膨大な電力を要します。

 

 

例えばあなたが普通のパソコンでビットコインのマイニングをしようとしても、

 

計算処理が追いつかないため、マイニングでもらえる報酬額より、

 

消費電力のほうがはるかに高くなってしまいます。

 

 

 

そのため、現在ではビットコインのマイニングは

 

資金力のある人間や、組織がマイニングに参入しているのが現状です。