仮想通貨は今後暴落するのか?徹底的に予測!

仮想通貨暴落

 

2017年は仮想通貨市場は

 

どのコインも右肩上がりでしたね?

 

 

ビットコインについては

 

2017年1月は1BTC=10万円ほど。

 

 

それが2017年12月には一時期240万円ほどまで高騰しました。

 

 

株やFXの世界ではこんなボラリティはあり得ず、

 

ここまで高騰するとバブルで暴落するのでは?

 

 

と考える人もいると思います。

 

 

では2018年以降仮想通貨は暴落するんでしょうか?

 

 

すでに仮想通貨で数百万の運用益がある

 

私が徹底的に予測したいと思います!

仮想通貨は乱高下を繰り返して値を上げていく

ビットコインをはじめとする仮想通貨市場は

 

ボラリティの高い市場です。

 

 

そして、仮想通貨の特徴として、

 

価格は乱高下しながら右肩上がりで

 

値を上げていきます。

 

 

わかりやすい例で、

 

ビットコインの5日間チャートと

 

1年チャートを比較してみましょう。

 

 

【ビットコイン5日間チャート】

 

仮想通貨暴落

 

わずか5日間でも大幅な変動があることがわかると思います。

 

 

 

そして、

 

【ビットコイン1年チャート】

 

仮想通貨暴落

 

ビットコインの一年チャートを見ると、

 

価格乱高下を繰り返しながらも、

 

右肩上がりに価値が高くなっているのがわかるかと思います。

 

 

 

ということで、短期的な値の下げは仮想通貨については

 

大して気にする必要はないと考えていいです。

 

 

では仮想通貨が今後も暴落せず、

 

右肩上がりで値を上げていきそうな理由について

 

解説したいと思います。

 

 

 

仮想通貨の市場規模が小さいから

仮想通貨暴落

 

仮想通貨がまだまだこれから値を上げていきそうな理由は、

 

まず、仮想通貨の市場規模が小さいからです。

 

 

上記の図は、金融市場の規模を表しています。

 

 

ビットコインの現在の市場というのは

 

わずか20兆円規模。

 

 

これはビルゲイツの総資産より少ない額なんですね。

 

 

株式投資市場のわずか0.1%に過ぎません。

 

 

では今後どうやって仮想通貨の市場規模が大きくなる見込みなんでしょうか?

今は個人投資家のみ!

現在ビットコインの市場規模がわずか20兆円にとどまっているのは、

 

取り引きしているのが個人投資家のみだからです。

 

 

というのも、特にアメリカでは法整備が遅れており、

 

大企業群が仮想通貨市場に参入したくても、

 

できない状況にあります。

 

 

 

例えばあの有名な世界企業である

 

ゴールドマンサックスも、

 

今後ビットコイン事業に参入する

 

 

と会社として公式発表しています。

 

 

これが何を意味するかというと

 

 

個人投資家の少ない規模より、

 

世界中の企業が仮想通貨に参入してくれば、

 

仮想通貨の市場規模も全体的に増えるということです。

 

 

ということで、仮想通貨は暴落するどころか、

 

今後はもっともっと値を上げていく稼げる市場だということが

 

わかると思います。